Diego Fuga ディエゴ・フーガ

 

Theory Icon Project(セオリー アイコン プロジェクト)は写真家ディエゴ・フーガ氏に、世界中のTheory店舗に設置された画像の制作を依頼しました。これらの画像は、東京都心部の広告看板から壁面インスタレーションやTheory本社のディスプレーまで、さまざまな媒体に登場しました。

ディエゴ・フーガ氏はミラノに生まれ、同市でアートディレクターやファッションフォトグラファーの仕事を手伝い始めました。高校卒業後、彼はG.G. Bauerの写真奨学金を授与されました。 そして1999年にはミラノに自身のスタジオを開き、Brioni、Cerruti、Calzedonia、Cappucci、Diesel、Etro、New York Industry、Puma、Reebok、Victor Victoriaなどのブランドにさまざまな形で協力するようになりました。彼の作品はファッションやポートレート、美術と幅広い分野に登場し、これまでに、『Dazed and Confused』、『Deutsch』、『Flux』、『Hint』、『Italian Vogue Label』、『Rodeo』、『Spoon』、『Sport & Street』、『Surface』、『V』などの雑誌に掲載されました。 彼の写真は『Lo Sguardo』に(イタリアンファッションの歴史)もセレクトされました。