Save School セーブスクール

 

セオリーのアイコンプロジェクトでは、The Fund for Public School(公立学校基金)と2年連続してパートナーシップを組むことができ、大変光栄に思っています。2002年に設立されたこの基金は、民間による投資や慈善活動によってニューヨーク市の公立校に通う110万人の子供たちの校内環境改善に取り組んでいます。特に過去7年間においては、2億3000万ドルを超える資金を集め、図書館の改修や学校のシステムそのものの改善など、幅広い面でサポートをしてきました。

セオリーでは、基金への理解とより多くの協賛を得るため、ポップアーティストのクリストファー・リー・ソーヴェ氏とコラボレーションし、Save Schoolコレクションを名づけた限定Tシャツ(半袖と長袖)を制作、その売上金の全てをニューヨーク市の公立学校支援に当てました。

セオリーは、自分たちの未来は自分たちの手で作り上げるものだと考えているのです。